ザ・副産物



子供服
子供服 着物や帯やいろいろ作っていると
どうしても布が余っちゃう
余った布で何を作ろうか…

でもえてして余り布って微妙に半端で
小物に走りがち
でもそう巾着や袋ばかりもいらないしと
思いついたのが子供服
ちょうど友達の子供のサイズなら何か…

というわけで本屋にて子供服の本を仕入れ
ちくちく縫っては友達に送りつけるという
もしかしてはた迷惑?!なことをする
喜んでくれることを願っておまけに
くまのリュックも作ってみたりして…
でも子供服って今ここに子供がいないので
作っていると不安になります
ほんとにこのサイズで大丈夫?とか
だってだって小さい!

2歳児のサイズなんてノースリーブの
袖ぐりを縫うのが大変なくらい小さい
でも大人の服みたいにきちんきちんと縫った
子供服はとっても愛らしくて作っていても
とっても楽しいです

無理矢理送り付けつつ
サイズ大丈夫だったよ!とか
子供も喜んでるよーなんてメールが入ると
やっぱり嬉しくて小躍りしてしまいます
子供服

参考図書
こはるのふく 伊藤まさこ  文化出版局
シンプルな子供服の作り方の本 実物大の型紙もついているので便利
正直他の書籍に載っていたデコラティブな女の子の服にはげんなり(子供が喜ぶのかな?)
デザインはシンプルで布地で楽しめばいいと思うのはわたしだけでしょうか…

ただこの本では作り方の説明もシンプルなので 初心者の方は不満かもしれない
実際キャミソールの背中やパンツに入れるゴムの長さって
今ここに子供がいないわたしには未知の数字だったわけで ちょっと困りました
その辺理解して買われたほうがいいかもしれません

でもこの"こはるちゃん"というのは作者の娘さんなのだけれど 下ぶくれでとてもかわいくて
こはるちゃんの写真集としても楽しめちゃうのがミソでもありました

福村弘美のテディベア 福村弘美  日本放送出版協会
本格的なテディ・ベアの作り方や服まで型紙も載っている本
作り方の説明が写真付きで丁寧で とてもわかりやすい本です

木綿やコーデュロイなどで作るものやサイズも多種多様で
とりあえず余り布で小さいものから作ってみようかなぁ〜と思わせるかわいさです
パーツごとに布地を変えてパッチワークみたいに作ってもかわいいかもなぁ…
ただわたしの作ったくまリュックだけは なぜか中袋がぴたっとはまらなくてちょっと困った!


てさげの袋
てぬぐい袋 やっぱりあれですね 袋物は定番ですね
これはてぬぐいから作ったものですが
バッグの中の小袋としても
買い物の時のサブバッグとしても有効です
てぬぐいは柄がたくさんあって楽しい

ただ晒なので薄いのがちょっと難点
しっかりさせたかったら綿ブロードなどで
裏をつけてもよいし
濃い色柄同士なら透けないので
リバーシブルにしてもよさそう

縁取りは簡単に綿のバイアステープで
赤にしてもよかったかなー?
柄の中の一色やその反対色なんかを使うと
かわいいかも ですね
これはもっと厚い生地を使って
ちょっとめんどうなのですが
縁取りをバイアスではなく
裏から縫い合わせて表に返したもので
着物で出かけるときのてさげにしています
裏はギンガムチェックにコウモリが乗った柄
リバーシブルです 竹のボタンも付けて

ところでこのてさげの原型って何かわかります?
実はスーパーでくれるプラスチックの袋
あれって何を入れても妙に形が落ち着いて
結構たくさん入るので参考にしたです

大きめの物を作って 買い物袋にしたら
エコスタンプも溜まっていいかもー
リバーシブル
型紙

縁取りにバイアステープを使うので持ち手の縁の縫い代はなし
両脇と持ち手のつなぎ目の縫い代は袋縫いにするので1.5cmにします
両脇と持ち手のつなぎ目は袋縫いにして底の角を始末する
後は持ち手の縁をバイアスでくるんで始末するだけ
バイアステープを接ぐのは布目に合わせてつなぎましょう

リバーシブルにするなら全ての縫い代を1cmにします
それぞれ持ち手を接ぎ両脇と底を縫ったら中裏に重ねたら
後は一枚の時と同じに持ち手の縁をバイアスでくるんで始末する

その後もっとスーパーのレジ袋っぽいエコバッグも作ってみた
コチラは一切の布の無駄なし
ブログの記事にリンクしてます→レジ袋風エコバッグの作り方←クリック


ずだ袋
ずた袋 これは副産物の方が先にできちゃった例で…
本当はつけ帯を作る予定の綿麻の布
ちょっと厚めのしっかりした布なので
ブロードで裏をつけて私の定番ずだ袋を制作

形は底が丸い肩掛けのバッグで
結構たっぷり入るのに(重くなるけどね)
形が変なことにならないので
すっかり気に入ってずっと同じ形のものを
布地を変えて世代交代させて使っている

エスニックの服や雑貨のお店で見かけたバッグ
形は気に入ったけれど深すぎて長すぎたので
自分好みに浅く 肩ひもも短くして作ってみた


ポケットに凝るのが密かな楽しみ
中身が落ちないように口にはゴムを入れて
面倒だけどぴったり行くとほんとに快感!

布のバッグは汚れたらざぶざぶ洗えるのも魅力
仕上げはのりづけをしてパリっとさせて
綿麻で 裏地は綿なので収縮率が違うかな?と
心配したけれど 一度の水通しで大丈夫でした

服装もいつも東南アジアっぽいものを好むので
季節を問わずいつも布バッグを愛用 軽いしね
でもほんとに使いやすい物って
なかなか見つけられないんですよね
ずだ袋
ずだ袋 ポケットを作る場合は最初に裏地に付けておく
まずボタンループを表地で作る
縫い合わせて1cmx12cm(縫い代込み)にしたら
写真のように輪っかにして
ボタンが通る位のところで縫い止める

表地裏地とも 本体を接ぎ底布と縫い合わせ
袋状になった物を中表に重ねて
後ろ中心にボタンループを挟み 肩と中心を
図のように縫い残して縫い合わせる

中心の縫い残しから表に返したら
肩の部分を縫い合わせ 縫い残した部分を
出来上がり線に折ってアイロンで押さえて
ステッチで縫い止める ボタンをつけて出来上がり
ずだ袋


チュニック
チュニック 襦袢の替え袖を作った布が微妙に余ったので
チュニックを作りたい
だがしかし微妙すぎてちょいと足りない
それではと これまた余ったレース糸があったので
肩ひもと胸のところにレース編みの
リボンをつけようと思い立った

というのも実は服屋さんで色は違うけど
似たようなデザインのものを見たのです
モチーフ編みがかわいかったので参考にと
携帯電話のカメラで写真を撮ってあったのを
真似して編みました

もしかしてやっちゃいけないことだった?!
すみません…
もともとモチーフ編みが苦手
それを克服するためにも頑張ってみました
でもレース針8号だときれいだけど
きつすぎて編みづらいので4号針でざくざく

まぁ型紙がないので適当に体に合わせ
胸の飾りと肩ひもを編みまして
後は袋状に縫った布の上端にゴムを入れて
レース編みと同じ長さになるように調節

後は木綿糸でリボンを見頃に縫いつける…
きっちり留めると伸びなくなるので
伸びを殺さないように縫いつける
言葉で説明できない!
ご想像におまかせします…(すなわち適当仕事)
レース編み

手芸部トップ




Ads by Sitemix




Ads by Sitemix